スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このblog…新曲うp後しか書いてない気がする…。

ほいっ!
新曲うpしましたよー。
キラミキ★フェスティバル参加曲です!




とうことで、恒例の曲の解説どぇす!

まず詞を貼ってみるね!

~Waltz...~
暖かくなったね
この散歩道も
あの橋の向こうに
続く桜並木

柔らかい春風に
吹雪く桜の色
あなたの頭の上
載った花弁ひとつだけ
払わずに残すの

あなたの背中しか
ロクに見れなかった
流されるように
戦い続けた毎日

そして そこから 帰ってきたあなたは
優しく優しく微笑んでいるだけ

舞い散る時の中で
こうして傍にいられる
それだけで幸せなの
温かいままで
帰ってきてくれた
この手を握り返す
やわらかなつよさに
支えられているの…。

不自由な右手で
掴んだ花弁
ぎこちなく差し出して
無邪気に微笑むの

泣きそうな私の
顔を覗き込んで
何か言おうとする…
大丈夫だよごめんね、
泣き虫な私で

無くしたものだけを
いつも探したがる
でもね、今こうして
感じ取れる温もり…
いつかのままなら気付くこともなかった…
あなたの大きさ あの頃より強く…

今あなたのその重さを
両腕に感じて登る
土手の上咲き乱れる
花の向こうに見える
あなたと暮らす街
あなたと歩く道
昨日より優しくあたたかく見えるの…

Lalalala~♪

ワルツを踊るように
季節を歌うように
いつもでもあなたと笑っていられるように…



詳しい背景については、ピアプロの方を見ていただくとして、
今回のコンセプトとか配慮した事項を。

まず詞ですが、テーマとなるお話は事前にあったので、
それをどう料理するかいろいろ考えました。
んで、やっぱ春だなぁ…と。
いろいろ厳しい現実を突きつけられる冬の寒さに耐えて迎えた春…
主人公の心象風景的に春が一番しっくりくると思ったのです。

そこで、春といえば桜!
いや、桜曲ってかなり多いんですけど、
一回くらいは私も創ってみたいなぁとは思ってたのですよ。
余談ですが、桜曲創ると花火曲製作フラグって立ちますよね。
ま、それはどうでもいいやw

ということで、脳内イメージでは主人公が車椅子を押して
川沿いの堤防の桜並木を散歩しているという構図が浮かんできました。
と、ここで…扱っているテーマがテーマなだけに下手にそれを前面に出だすと、
途端に悲壮感が滲み出てしまうという問題点が…。
なんで、敢えて車椅子の文字は詞に出してません。
でも、しっかり読むと車椅子ってわかるでしょ。

そうそう、絶対に悲壮感は出したくないというのもありました。
落ち着いて状況を受け入れたときに、そこにある幸せに気付くことができた…
そんな喜びを曲にしたかったのですよ。
人間の愛というもののもたらす本当の意味での強さというんですかね…、
そういうのをです。

そんなの理想論だと言う方も多いかもしれませんが、
障害を持った子どもさんのいらっしゃる親御さんも
「逆にこの子に私たちが支えられている」というようなことを言うみたいですよね。
自分が経験したことではないので偉そうなことは言えないのですが…。

…で、話を詞の製作に戻すと…。
次に描き方ですが、今回はいろんな解釈が出来る…という方向性ではなく
その、シーンが聴き手の共通イメージとして浮かび易いようにしました。
映画のワンシーンを描いていくような…そんな感じです。
この時点では曲名Waltzは決まっていませんでした。

次に曲ですが以下の点を意識しました。
・春、桜のイメージを醸す
・主人公の心境を考えると明るくて優しい曲調(決して暗くはないっ!
・かといって元気よくっ!…って感じではないw

春のイメージというと…自分の中ではクラシック系の曲になるのです…何故か。
んで、イントロで困ったときに脳裏に浮かんだのがチャイコの「花のワルツ」
で、ああなりましたw
こう来るとですね、最後までワルツで突っ走るしかないなとwww
いっそ、曲名もワルツとかでいんじゃね?ワルツって一人じゃ踊れないし…
ついでにこの流れで、詞の最後の一連も追加されました。
いや、詞の最後の締めが曲着手の段階で出来てなかったのですよ。

あとは、四重婚節3拍子バージョンで春っぽくするとあんな感じになるのです。
製作中は頭の中がずっと、ずんちゃっちゃずんちゃっちゃ♪状態でしたw
ちなみに、リフ…いやこういう曲の場合、「主題」と言った方がいいのか…
は、詞に縛られず純粋に春の桜並木をイメージして創りました。
オケが出来て思ったのは…「ドイツ語で歌わせてぇ…」というものでしたが、
当然無理でしたw

それと、ワルツってやっぱダンスミュージックだと考えているので
あまり極端な抑揚をつけたくなかったのですよね。
いきなりオケが無音になるとか。
でもそうするとサビが埋もれると…。
なんで、Bメロからサビへの移行に、変拍子使ってみました。
ただ、いかにも変拍子ですという使い方は好きではないので、
言われなければ分からないレベルにしようとしたのですが、
どうでしょう…うまくいったかな?

ま、そんなこんなで完成した今回の曲です。
書いてて激しく眠くなったので今日はこんなところで…おやすみー。


スポンサーサイト

HOME

プロフィール

KOOSAN-A(四重婚P)

Author:KOOSAN-A(四重婚P)
普段は地味にサラリーマンやってます。
とりあえずマイリス3桁が目標です。
なんか最近、このままでもいいか…という気もしてきている。
mail:koonyana○gmail.com
ニコ動投稿作品マイリスト
ピアプロホーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。