スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて…新曲うpったときぐらいblog更新するかぁ…

はーい!
新曲ニコにうpしましたよー!
さり気に3/25のボーパラ関西でシングルCDとして先行公開もしてましたが。



ということで、今回も制作裏話を書いてみますね。

まず…この曲、久々に自分の詞じゃありません。
というのも、今回詞先コラボなのですよ。
タイトルがタイトルだけに四重婚作品っぽいのですけどね、エクスクラメーションマークを2重にするとかw

成り行きとしては、ふとしたやりとりの中で
生ぐーみん。メンバーのじるたんの詞に曲をつけてみようって話になって、
で、曲もまともに出来てない段階で、この頃はまだ生ぐーみん。メンバーに晒していなかったピクちゃんにイラストを振って…
そしてこうなったと。

詞については、
さすがですね…Aメロのフレーズとか、絶対自分には書けないなぁ…って。
まっすぐな中にも言葉選びのセンスが光ります。
あと…すっごくメロを載せやすい…。
正直自分の詞にメロ載せるよりも楽でした。
たしか、詞を初めて見たときにサビとAメロは脳内にできてたと思います。

んで、この詞をどう料理するか…
以下のとおり考えました。

・歌詞を生かしたリズム
得意なテクノポップ系で攻めようとも思ったんですが、4つ打ちだと自分の技量じゃwktk感とか
元気な女の子の躍動感を表現できない…。
ということで、なんだかよくわからないけど、元気なリズムとなっております。

・歌詞がストレート…じゃあ曲もキャッチーじゃないと。
変化球は殆ど使ってません!
和音もかなり基本に忠実だと思います。
なんでかって?キャッチーにするためさっ
自分の技量だと難しいことするとキャッチーさがスポイルされるので、シンプルな進行しかしてません。
前に、「同業者からすると、学ぶとこなんてひとつもない」って言いましたが、そういうことです。
素直にダイアトニックだけ使って、シンコペーション駆使すれば、それだけでキャッチーなんよ。
ということで、同業者からみると気恥ずかしくなるぐらい色気のない、いつもの四重婚節でございます。
単調になっちゃいがちなのがアレなんですけどねwてへっ♪

・あ、でも、Cメロはさ…歌詞的にさ…
唯一、「苦しい」というようなマイナスイメージの単語が入ったCメロ
なんだろ…胸が苦しくなるような淀みが欲しかった。
でも、前後というか曲全体がメジャーコード一辺倒なので、
あんまり変化つけるのもちょっとな…というのがありまして、
で…ちょこっと、意識してないとわからない程度に外してみました。
自分としては、このぐらいが丁度いいかなって。
ニコ的には大胆な展開が好まれるようですが、
不器用な自分には詞のイメージを壊さずにそんなことできんがなw

・イントロとリフと間奏は歌詞全体のイメージを表現
イントロですが、初々しい感じを出したかった。
それでDTM初心者風に仕上げてみました。
前にもふてゐさんが「DTM初心者っていうと無駄にハンドクラップを連打するイメージがある」
って言ってたのを思い出して連打してみたw
そこはかとなく郷愁をさそうシンセフレーズにしたんですが、狙い通りいってるでしょうか?
昔の遊園地の遊具の放つ電子音みたいな…そんな感じ。

リフは…歌詞に縛られない四重婚節炸裂です。まぁ歌詞があっても縛られてませんがwww
盛り上がり重視で! 好きな人を追いかけて障害物競走してるような…ジェットコースターに乗っているような
そんなイメージであのフレーズにしました。

間奏は…こちらも走ってるイメージですね、
チャットモンチーの曲使ってたシーブリーズのCMありましたよね堀北真希が出てたやつ、あんなイメージです。



そんなとこかな。
他にもあるけど書くの疲れたw

あと、最後に。
自分はいつも詞先で曲を作っているので、いつも曲でどうやって詞の世界観を表現するかに注力しているのですよ。
詞がメインでそれを伝えやすくするために曲をつけているという感じです。
イラストに例えると、詞が線画で曲が色付けのような。
そういう意味で言うと、今回はぬり絵気分でした。
頂いた線画をどうやってより可愛くできるか…そんな感じです。
勿論、ただ色付けするにしても詞に負けない自分らしさをコレでもかってくらい詰め込んでみたつもりです。
なにせ四重婚Pクレジットを載せるんですからねっ!

曲がメインになりがちなニコ動…いや音楽界隈ですが、
こんなPがいてもいいよねっ!





スポンサーサイト

今更だけど・・・「The deep in a forest」の解説

どもどもーw
すっげー久々にblog更新してみます。

・・・そういえばあのお方・・・どうしたんだろ・・・元気にしてるかな・・・

ま、さておき先日うpったこの動画の解説していきまーす!



まず、今回のコンセプトは・・・
純文学的エロスに挑戦
でした。

それと、細かい課題として、
・前回Waltz…でやった三拍子をマイナー調でやってみる
・四重婚Pらしくない世界観
・V3エディタの扱いに慣れる。
・詞に対する楽曲の表現力にこだわる。

というものでした。
んで、今回も完全に詞先でした。
この時点ではがちゃっぽいどに歌わせるつもりだったんだけどねw

じゃあ、詞の解説からしていきますねー


「The deep in a forest」

サビ:
碧くて深い瞳の
透明度とは裏腹
ボクにはきっと見えない
底に沈む憂いは…

A:
陽の光も射さない
ボクのいるこの森に
何処か知らない場所から
迷い込んだ貴方

B:
この部屋の遠くで
燃える暖炉の音
すぐ近く静かに
響く貴方の声

サビ:
冷たく濡らした唇
重ねて伝える体温
貴方を通して広がる
世界しか今は見えない

覗かせた白い素肌に
透きとおる青い静脈
誘われるようにただボクは
貴方に沈み込んでいく…

A:
脹脛に一筋
棘がつけた傷痕
ボクの住む森が貴方に
付けた歯形のよう

B:
奪い取るでもなく
与えられた躰
冷えきった貴方に
卑劣なボクはただ…

C:
貴方の孤独は
ボクのとは多分違って
傷を舐め合うことにすら
たどり着けない…

サビ:
触れた素肌を通した
冷たさとは裏腹
貴方の内の温かさが
甘美で生々しくて…

迷い込んだ貴方に
迷い込んだこのボクは
淵に沈んだロザリオを
拾えぬまま溺れてゆく…



はい、やってますね。
そういう詞ですw
ちなみにタイトルの邦訳は
「とある森の淵」です。

淵って・・・この詞では瞳・貴方の心・○○○のトリプルミーニングとなっております。

冒頭のサビは、
まず総括というか全体を暗示する内容となっております。

最初のAメロは、
状況説明というか、舞台(大道具)の設定をしています。
森は閉じた世界・・・主人公の孤独な日常を示す象徴として機能させたつもりです。

次のBメロ、
これも状況の描写ですね。
森のお外でエッチはしたくないですからねー。
いや、返ってそっちの設定の方がよかったかな?

次のサビ、
ここで主人公からみた貴方の描写ですね。
自分の中の基本設定では、
森というか日本で言うところの樹海に迷い込んだ貴方…って・・・、
うん、何かあって死のうと思って森に入ったんですね。
にも関わらず、踏ん切りがつかないところを
主人公と遭遇する・・・んで、人の温もりも求めてしまう・・・。

それと、私はおっぱいに透けた静脈フェチです。
はい、どうでもいいですねw

次のA!これが大変でした。
とりあえず、文学的エロスを目指しましたが
どうなんでしょ?

んでBで主人公の
レイプしたわけでは無いんだけど、
相手の弱みに漬け込んでやっちゃってることの
罪悪感を示した表現となっております。

Cが肝です。
結局、何か満たされない感じ、
本当の意味で貴方を救えない無力感、
行為はしてるのに感じる距離感、
そういうのを凝縮しました。
あ、この曲一応切ない曲です、
結局最後までどちらも救われてはいませんから。

最後のサビ・・・
敢えて「貴方の内」という表現にしました。
ニコ的には「貴方のナカ」の方が受けがいいのかもしれませんが、
狙ってる感が前に出るのが嫌だったので。
あくまで泥臭いものを美化して描きたかったのですよ。

それと、どっちも加害者で被害者という構図に持って行きたかったのです。
あ、この曲・・・もしこのあと予想外に伸びたりしたら
貴方視点のバージョンも作成しますのでw

で、私の詞の特徴なんですが、
冒頭の内容をちゃんと拾っております。
これって古典的様式美っていうんですかねw


と、いう詞でございました。


で、曲の方ですね。
これは、最初にも書いたけど詞の世界観をどこまで
曲で表現できるか・・・それに挑戦しています。
ある程度キャッチーさを捨ててもね。

(ΦωΦ)フフフ…mixはちょっと上達したでしょw
あれ?そうでもない?(汗

間奏いれるタイミングは完全に詞に従いました。
「卑劣なボクはただ…」
のあとの間奏で
お前はなにやったんだっ!!!
って想像を膨らませる時間を作ってみました。
ここは詳細な設定は詞を書いている本人も決めてないので
ご自由にご妄想下さいwww

V3エディタ
DYNの設定しやすくなりましたねー
V2に比べてちゃんと反応するw

あと、この曲聴きどころは
やっぱべースラインですね。
頑張って動いてます!
絶対自分じゃ弾きたくないwww

ということでしたー。

動画のイラストは今回初めて「生ぐーみん。」でお世話になっている
有識さんにお願いしました。
この色彩感覚はすごいですよね。
ポップアートって感じです。
挟まれたいですw

んな感じかな。

それと、もうすぐ新曲ではないけど、ニコ未発表曲の方もうpしますので、
そちらもよろしくです!
ではでは~ ノシ


このblog…新曲うp後しか書いてない気がする…。

ほいっ!
新曲うpしましたよー。
キラミキ★フェスティバル参加曲です!




とうことで、恒例の曲の解説どぇす!

まず詞を貼ってみるね!

~Waltz...~
暖かくなったね
この散歩道も
あの橋の向こうに
続く桜並木

柔らかい春風に
吹雪く桜の色
あなたの頭の上
載った花弁ひとつだけ
払わずに残すの

あなたの背中しか
ロクに見れなかった
流されるように
戦い続けた毎日

そして そこから 帰ってきたあなたは
優しく優しく微笑んでいるだけ

舞い散る時の中で
こうして傍にいられる
それだけで幸せなの
温かいままで
帰ってきてくれた
この手を握り返す
やわらかなつよさに
支えられているの…。

不自由な右手で
掴んだ花弁
ぎこちなく差し出して
無邪気に微笑むの

泣きそうな私の
顔を覗き込んで
何か言おうとする…
大丈夫だよごめんね、
泣き虫な私で

無くしたものだけを
いつも探したがる
でもね、今こうして
感じ取れる温もり…
いつかのままなら気付くこともなかった…
あなたの大きさ あの頃より強く…

今あなたのその重さを
両腕に感じて登る
土手の上咲き乱れる
花の向こうに見える
あなたと暮らす街
あなたと歩く道
昨日より優しくあたたかく見えるの…

Lalalala~♪

ワルツを踊るように
季節を歌うように
いつもでもあなたと笑っていられるように…



詳しい背景については、ピアプロの方を見ていただくとして、
今回のコンセプトとか配慮した事項を。

まず詞ですが、テーマとなるお話は事前にあったので、
それをどう料理するかいろいろ考えました。
んで、やっぱ春だなぁ…と。
いろいろ厳しい現実を突きつけられる冬の寒さに耐えて迎えた春…
主人公の心象風景的に春が一番しっくりくると思ったのです。

そこで、春といえば桜!
いや、桜曲ってかなり多いんですけど、
一回くらいは私も創ってみたいなぁとは思ってたのですよ。
余談ですが、桜曲創ると花火曲製作フラグって立ちますよね。
ま、それはどうでもいいやw

ということで、脳内イメージでは主人公が車椅子を押して
川沿いの堤防の桜並木を散歩しているという構図が浮かんできました。
と、ここで…扱っているテーマがテーマなだけに下手にそれを前面に出だすと、
途端に悲壮感が滲み出てしまうという問題点が…。
なんで、敢えて車椅子の文字は詞に出してません。
でも、しっかり読むと車椅子ってわかるでしょ。

そうそう、絶対に悲壮感は出したくないというのもありました。
落ち着いて状況を受け入れたときに、そこにある幸せに気付くことができた…
そんな喜びを曲にしたかったのですよ。
人間の愛というもののもたらす本当の意味での強さというんですかね…、
そういうのをです。

そんなの理想論だと言う方も多いかもしれませんが、
障害を持った子どもさんのいらっしゃる親御さんも
「逆にこの子に私たちが支えられている」というようなことを言うみたいですよね。
自分が経験したことではないので偉そうなことは言えないのですが…。

…で、話を詞の製作に戻すと…。
次に描き方ですが、今回はいろんな解釈が出来る…という方向性ではなく
その、シーンが聴き手の共通イメージとして浮かび易いようにしました。
映画のワンシーンを描いていくような…そんな感じです。
この時点では曲名Waltzは決まっていませんでした。

次に曲ですが以下の点を意識しました。
・春、桜のイメージを醸す
・主人公の心境を考えると明るくて優しい曲調(決して暗くはないっ!
・かといって元気よくっ!…って感じではないw

春のイメージというと…自分の中ではクラシック系の曲になるのです…何故か。
んで、イントロで困ったときに脳裏に浮かんだのがチャイコの「花のワルツ」
で、ああなりましたw
こう来るとですね、最後までワルツで突っ走るしかないなとwww
いっそ、曲名もワルツとかでいんじゃね?ワルツって一人じゃ踊れないし…
ついでにこの流れで、詞の最後の一連も追加されました。
いや、詞の最後の締めが曲着手の段階で出来てなかったのですよ。

あとは、四重婚節3拍子バージョンで春っぽくするとあんな感じになるのです。
製作中は頭の中がずっと、ずんちゃっちゃずんちゃっちゃ♪状態でしたw
ちなみに、リフ…いやこういう曲の場合、「主題」と言った方がいいのか…
は、詞に縛られず純粋に春の桜並木をイメージして創りました。
オケが出来て思ったのは…「ドイツ語で歌わせてぇ…」というものでしたが、
当然無理でしたw

それと、ワルツってやっぱダンスミュージックだと考えているので
あまり極端な抑揚をつけたくなかったのですよね。
いきなりオケが無音になるとか。
でもそうするとサビが埋もれると…。
なんで、Bメロからサビへの移行に、変拍子使ってみました。
ただ、いかにも変拍子ですという使い方は好きではないので、
言われなければ分からないレベルにしようとしたのですが、
どうでしょう…うまくいったかな?

ま、そんなこんなで完成した今回の曲です。
書いてて激しく眠くなったので今日はこんなところで…おやすみー。


【いつものコーナー★】久々の更新は2本立てw【ボカフェス参加しますっ!】

じゃ、まず先に宣伝の方を…

ボカフェス01にサークル名「生ぐーみん。」にて参加しますっ!
つか首謀者でサークル代表務めてますw
ブースはA36!ある意味一等地w 
他の有名Pに囲まれてですね…高層ビルの合間の再開発の遅れた一軒家みたいな状況ですwww
頒布するのは、めぐぽコミュの生放送…通称「ぐみ生」によく出没しているボカロPたちのコンピレーションアルバムですっ!
クロスフェードデモもニコにうpってます。




私は3曲目のHYPERNOVAのGUMI'n mixと称したGUMIバージョンでの参加ですっ!
これはCD買わないと聴けないよぉ~。どこにも公表してないからね♪
AUTO-TUNE通して若干ケロったうちのGUMIさんが熱唱してますっ!

CD全体としてのクオリティは多分大御所にもヒケをとっていないハズ!
んで、重要な情報!!
CDは50枚しか刷ってませんw
売り切れ必至です…マジ内輪で配る分すらないくらいに…。
是非お早めに。


と、宣伝はここまでにして…いつものコーナーうpった新曲の詞の解説ですね!



気になった方はクリッククリックw

続きを読む ≫

ハーイ!、新曲の先行公開ですよーっ!

久々に更新してみまする。
いや、新曲ができたのでw

ちなみにニコへの動画うpについては今回も外注というかコラボとなりますので、
の~んびりとお待ちください。

ということで、これ


[VOON] Be★Happy!(full)

歌ってもらったボカロは、
定位の左から…

GUMI(めぐっぽいど)
Lily
MIZKI(VY1)
巡音ルカ
開発コードmiki

となっておりますw

で、歌詞が以下のとおりです。

【Be★Happy!】

Be Happy & Good luck


「目をつぶって手を出して」
キミに手渡す思い出のカケラ
丸ごと全部じゃ多すぎて
これじゃきっと持ちきれないから

今日までぎゅっと抱えてきた
昨日までは大事だったもの
いいよ此処に置いていって
明日から始まる日々のために

強がりでもいい
別れの涙なんて見せないで 
この広すぎる
宇宙の中でだけど 
一緒の星の一緒の時間に
いられるんだから 
淋しくなんかないよね

Be Happy
此処から旅立つキミが
幾つも希望を掴めるように 

I wish
どこまでも続く明日へ
向かう背中に手を振るよ。

Be Happy & Good luck!!


明日を想い描いて
キミが昨日詰め込んだカバン
こっそりと滑り込ませた
この今を綴った紙切れひとつ

幼い頃から
見続けたような夢じゃなくても
今信じられる
目的地があるなら
大丈夫だよ前に進んでも、
キミの言ったこと
ワタシに響いてるから☆

Be Happy
此処から離れた場所で
手にする未来はわからないけど

No worries
どんなに形を変えても
明日を見つめるキミのコト…

Be Happy
今から踏み出すキミに
きっと幸せになれる魔法を

I wish
信じて進む強さが
いつまでもキミにありますように…

Be Happy & Good luck!!



曲としては聴いていてハッピー且つ元気になれるようなものを目指しました。
一応、80年代末から90年代前半にかけてのユーロポップ的なノリを意識してます。

で、歌詞は私の他の曲にも言えるのですが、
「大丈夫どんなあり方でも受け入れるよっ!アナタがアナタならっ」
という基本思想の下に作成してみました。

あと、年が明けてこれから新生活を迎える皆さんを少しでも勇気付けられたら…
なーんて願いもあってみたり。
いいっすよ、今回も伸びなくても一人でもこの曲聴いて元気が出たって人がいれば…。

ということで動画うpまではしばしお待ちくださいw


ご無沙汰しております。解禁明け恒例の曲の解説です。

どもっ!
お久しぶりです。
「なに更新サボッてblog放置させてんだよ!」
って思った方はツイッターのフォローをお願いします。
あっちではそこそこツイートしてますんでw

殆どいないとは思うけど、blogしか見てないぜって方に
一応新曲のお知らせです。もはや新曲でもないか…。



で、恒例の歌詞と曲の解説ですねw
こんな詞です。


~HYPERNOVA~

S0
ただ一瞬でいい… 強く輝きたいの
アナタの宇宙を焦がすほどの爆発で

A1
手を伸ばせば届く距離で
何度すれ違っても 届かなかった
精一杯のワタシの光は
何万光年も離れているみたいに

B1
膨張と収縮を
繰り返す感情
このまま消えるのなら
アナタ二焼キツケタイ…

S1
この瞬間でいい… 強く煌きたいの
重ねた想いの質量を叫ぶように  
もう支えきれずに 潰れるワタシは
アナタに消えない黒い穴刻み込むの

A2
待ち続けた、それしかできずに
微かな希望が臆病にした
裸にしたワタシの中身は
ジェラシーと自己嫌悪の重元素だけ

B2
妄想と絶望が
織り成した現実
未来を変えるのなら
ワタシガ砕ケ散レバ…

S2
ただ一度でもいい… 強く抱かれたいの
特異点を越えて一瞬を永遠にする
今ゼロと無限で交錯する望み
ココマデを消してもいいワタシを貫いて

C
キラキラと…飛び散るこの想い
いつの日にか生まれ変わって
もっと近くで今より明るく 輝けるから

S3
「届カナイ」と嘆く… 明日ならイラナイ
ワタシの核(コア)から 湧き上がる衝動で
ただ一瞬でいい… 強く輝きたいの
アナタの瞳に二度と消えぬ残像を…



珍しく恋愛をテーマとした詞ですね…
あれ?違う?
でもでも、こういう片思い末期ってあるよね…

んじゃ、度々出てくるマニアックなワードの解説をしてみます。


まず、タイトル…訳すと極超新星ですね。
大質量の恒星が、超巨星になって膨張と収縮を繰りかえした末に
ちゅどーんと爆発するっていう超新星の中でも特に激しいやつです。
めっちゃγ線とか出てヤバいらしいです。

んで…
んーーーーメンd(ry
ということで、あとはこれ読んでwww
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E6%96%B0%E6%98%9F

なーんで「支えきれずに潰れる」とか「重元素」ってワードが出てくるか分かったでしょでしょ。
あと、わけわからんワードとして「特異点」ってのがでてきますが、
これは、ブラックホールの中心だそうです。
ホントは「事象の地平面」というワードを入れたかったのですが、
譜割りの都合でこっちにしました。
ここでは時間が止まっているっていうか…そうらしいので…
「ブラックホール」をwikiって下さいwww
難しくて説明できんwwww

ま、そんなこんなで「星のうた」なんですよwww

不人気ボカロと底辺Pの悲哀と情熱を感じてもらえれば、まあ良いかと…。

んで、曲の方は…元気よくアニソンっぽくしてみました。
歌詞が若干ビジュアル系はいっているので、
リズムもそれ系でw
そうそう、初めてギター音源使ってみました。
いいね、ギターは、コード弾いてるだけで音に厚みがでるからww

と、宇宙っぽくキラピコさせて完成ですねw
のワリには、時間かかりました。
実質作業時間自体は短いんだけど引越しとか仕事とかで忙しくて
なかなか時間が割けなくてねぇ。
よくキラミキ★フェスティバルに間に合ったもんだなぁ…と。

ということで、一瞬のパンチラに目を凝らして動画を観るのではなく、
歌詞を読みながら聴いてもらえるとすっごく嬉しいです。

ではでは~ノシ

















ということで、結構前に解禁明けたので詞の解説

っていうか、このコーナーもはや不必要な気もするのですが、
この前のはかなーり難産だったので書いてみる…。

前の記事にもあるけど
も一回詞を貼るね。


Praying

A-1
雨雲の隙間から降りそそぐ陽の光 
羽を濡らした白い鳩が      
見上げて飛び立つ瞬間を待つ  
 

B-1
いいよ、今日はボクに微笑みかけなくて、
眩しすぎてよく見えないから… 
でもね、これからも笑っていて欲しいんだ 
だからボクも微笑みかけるよ、此処から   


S-1
Ah ずっとずっとそばにいて欲しいと  
何度も繰り返し願った日々      
今、ずっとずっと、幸せでいてと 
一度だけ強く祈るよ       
輝く刻の中  
         

A-2
長雨を震わせて鳴り響く鐘の音
大人になった君の姿
見るのは今日が初めてかな…


B-2
あの頃、君の手を引いて登った坂道の 
雨降りの珊瑚樹の白い花が
やがて 沢山の 朱い実輝かせるように
君の小さな幾つもの願いが叶うといいな


S-2
遠い昨日に 君が見てた夢
違うけど もっと素敵な形で…
今、叶えられていく それも嬉しくて
あの日があって今日がある
そう思っているよ…


S-1'
Ah ずっとずっとそばにいて欲しいと  
何度も繰り返し願った日々    
今、ずっとずっと、幸せでいてと  
もう一度強く祈るよ                 
永久に響くように





投コメにも書きましたが、
幼馴染の結婚を祝う元少年(今は青年?)という構図でこの詞は書かれています。
で、難しかったのは、
いかに未練たらしい感じを醸さないようにするか…
というところでした。
結果バリバリ醸しちゃってますがwww

じゃ、詞を頭から順番に見ていきましょうかね…

A-1は、冒頭出だしの情景描写…当初は6月うp予定だったので
雨の中の結婚式のイメージでそれっぽくしました。

B-2で、視点を一人称「ボク」に移します。
ありきたりな展開でごめんなさいw

S-1で、「ボク」の過去の想いと今の願いを対比させてます。
ここで、詞の湿度が異様に高くなってしまったので
A-2以降で挽回を図りますw

まず、A-2の
「大人になった君の姿、見るのは今日が初めてかな…」
で、長い間「ボク」は「君」に会っていないということにします。
これは「ボク」の過去の想いが連続したものではないことを
印象付けるためです。
だって、連続してたら重すぎるでしょwww

B-2で渾身の回想シーンですw
何で出てくるのが珊瑚樹なの?そんな地味な…
というように思われる方が多いと思いますが、
わざと地味な6月頃に咲く花をチョイスしました。
というか、普通は珊瑚樹の花って見たこと無いというか
咲いていても印象に全く残らないはず。
どっちかっていうと夏の終わりから秋にかけての赤い実がメインの木ですから。
つまりそういうことです。
ささやかな小さな願いごとの象徴に丁度良かったと…慎ましくて。
この詞では花はメインではないんです…ええ。

S-2
ここは今回初の試み、王道的背景を借景したというか…
書いてはないけど、聴き手に同じシチュエーションを想像させるという
チャレンジをしてみました。
前の記事でも少し触れたけど、「君が見てた夢」の内容を
聴いてくださった方と共有できてたか気になります。
詞の背景として、
幼稚園~小学生低学年ぐらいの「君」が
「わたし、大きくなったら○○君のお嫁さんになるんだぁ~」
なんて言ってるのを想像して貰えてたら
激しく狙いどおりですw
ちょっと押し付けがましいかな…。

S-1'は…ま、流れでS-1もう一回みたいなw

今となっては恋愛感情抜きで過去を共有した大事な人だから
幸せになって欲しい…
そういう想いがちゃんと詞になってればよいなぁ…と。

でも、まだやっぱ湿度高いな…うぬぅ。

お久しぶりです新作うpしましたw

はいはい、ごめんなさいね~blog放置で
なにしろ日常が半端なく忙しくて 

ということでこれをうpしました。




以下詞です。

雨雲の隙間から降りそそぐ陽の光 
羽を濡らした白い鳩が      
見上げて飛び立つ瞬間を待つ   

いいよ、今日はボクに微笑みかけなくて、
眩しすぎてよく見えないから… 

でもね、これからも笑っていて欲しいんだ 
だからボクも微笑みかけるよ、此処から   


Ah ずっとずっとそばにいて欲しいと  
何度も繰り返し願った日々      
今、ずっとずっと、幸せでいてと 
一度だけ強く祈るよ       
輝く刻の中           

長雨を震わせて鳴り響く鐘の音
大人になった君の姿
見るのは今日が初めてかな・・・

あの頃、君の手を引いて登った坂道の 
雨降りの珊瑚樹の白い花が

やがて 沢山の 朱い実輝かせるように
君の小さな幾つもの願いが叶うといいな


遠い昨日に 君が見てた夢
違うけど もっと素敵な形で…
今、叶えられていく それも嬉しくて
あの日があって今日がある
そう思っているよ…

Ah ずっとずっとそばにいて欲しいと  
何度も繰り返し願った日々    
今、ずっとずっと、幸せでいてと  
もう一度強く祈るよ                 
永久に響くように



2コーラス目の「君が見てた夢」ってわかりましたかね?
「私○○のお嫁さんになるー♪」
みたいのを勝手にイメージして書きましたw

初のバラードというのと、
ベースとかドラムとか入れないで
ピアノとストリングスのみという手ぬk…じゃなくてシンプルな構成、
正直ちょっと不安です。

ただね、披露宴会場とかで手弾きで歌える曲にしたかったので
こういう形になりました。
ボーカロイドじゃなくても歌いやすいシンプルな良曲になっていればいいなあと
思っております。

ということで、詳しい詞の解説とかはまた今度します。
ではでは。

いかん、いかん…また更新とまってる

個人的には公私ともに混迷を極めている私ですが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

いや、イカンね…こっちのblog最近放置気味で。
ツイッターがあるとどうしてもそれで済ませてしまいがちで…。

ということで、以前提示したものと大幅に変更した
今後の製作予定(希望的観測を多く含む)を書いておきます。
なんでこんなに変更になったのか…
それは激しく忙しいからです…日中のお仕事が…。
ま、いいや以下をご覧下さい。

GUMI曲…6月下旬うp(誕生祭の3日前ぐらいを狙ってます。バラード系)
miki曲…7月下旬うp(まじで?…どんなの?)
miki曲…8月中うp (前から言ってたヤツ。コレかなり力入れて創りたいのでもう少し練りますヴォーカリオン系)

あれれ?ルカ曲は???
うーん、多分ね、6月下旬うpのやつはルカverも創ります。
そして、全部の曲にコーラスで顔は出すと思います。

Σはっ!…今ねんどろルカがこっち睨んだ…。

いやいや創りたいんだけどねルカ曲も…。
でも、ルカ曲はさ自分が創らなくても潤沢にニコにうpされてるからさ…
それよりも、今後AHSさんに頑張ってもらうためにも
今はmiki曲を優先したいなぁ…と。
って、底辺ごときで何を言ってるんだ…という感じですが、
作品数という見方をすれば少しは貢献できるでしょ…多分。
もちろん、創るからには上を目指して創りますけどね。

ということで、誰か私に暇を分け与えてください…。



睡眠方法について

こんばんは…、最近blogの更新を怠りがちなKOOSANでございます。
皆様はよく眠れているでしょうか。
不眠は鬱病の入り口です。
しっかり寝るようにしましょう。


でだ、最近ワタクシとっても睡眠不足です。
ツイッターでフォローしてくださっている方は分かると思いますが、
午前2時ぐらいまで起きていることが殆どです。
で、朝は5時半起き…仕事の都合でね。
流石にちと辛い…。
別に曲創りをしていて夜更かししてるわけでもないんですけどねー。


そういえば皆様はちゃんとベッドやお布団でお休みになられてますか?
私はほぼ毎日椅子で寝てますw
なんかね、ベッドで寝るともう起きられなくなりそうで怖くて。
これって病んでますね…。


というか不思議とですね、
椅子で寝たほうが腰痛が出ないんですよ最近。
寧ろベッドで寝たときのほうが次の日の腰痛が酷い。
もはやそういう肉体になってしまったのか…。


さて、今日もモニタの前で椅子で寝ますかね…。

遠出してみた。

お久しぶりです、ここのところ更新放置気味のKOOSANです。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

GWを利用して中国地方まで次回作の
絵師さんとのmiki曲PVの打ち合わせに行ってきました。
曲も詞もできていない状態でwww
絶対、「コイツ…何しに来たんだぁ??」って思われてますよね…、
ええ、俺ドンマイ。

でも大丈夫!打ち合わせのおかげで構想はまとまった!!
とりあえず詞から着手してみます…GW中に詞は完成させるさ…なんて言っちゃったから。
今夜あたりのんびり酒でも飲みながら鍵盤叩きつつ詞を書きましょうかね。

そうそう、高速道路は激しく渋滞してましたよ、
出発した5/1は道路は混んでなかったのですが、
深夜ということもあってSAエリアに駐車ができない状態。
いわゆる車中泊組による占拠状態ですね。
そんなこんなでトイレ我慢も限界に近づいたとき、
ようやく駐車できたのが三木(Miki)SA

mikiたんに助けて貰った…そんな気がしました。
これを同行していた動画編集担当に話したら苦笑されましたがw

帰りは地獄でした。
断続渋滞恐るべし。
詳しくはツイッターのツイートをご参照ください。


そうそう、にゃっぽん始めてみました。
これで、
・ピアプロ
・ツイッター
・にゃぽ
のボカロP活動三種の神器がそろったわけですね。
「KOOSAN(四重婚P)」の名前で登録してあるので
おっ!と思われた方はまいぽん申請お願いします。
めっさ喜びます。

ではでは。










GUMI及びmikiを愛する方々へのお詫び

ええ、やっちまいました。
まさかのGUMiki詐欺。

ことの顛末はこうです。
ボーカルトラックいくつか重ねたりしてるんですが、
いちおうリミックスの方もmikiバージョンの準備はしてたんですね、
隠し玉として。

このmikiトラックの一つのミュートがですね、
外れてたみたいなんです…。
で重ねたトラックをバスに突っ込んでそこでまたエフェクトをかけるとですね、
ああなるんです。

まさに混入。
にしてもmikiたん強いな…たった1トラックであそこまでの存在感
というか気付けよ俺。
エディタばっか確認しててトラックみてなかったんですよねorz
あと、元のmiki用のエディタのデータをそのまま流用したので
似てるのは仕方ないかな…なんて思ってました。
全くの不注意です。

で、脳内ではこんな感じ…。

俺「どうして混ざろうとしたの?」
miki「だってマスターさぁ…最近さぁGUMIちゃんに歌わせてるときはさ
   ニコニコしてるのにさ、ワタシに歌わせるときはさ
   しかめっ面しててさ…ああしろこうしろ文句ばっかじゃん、
   だから…」
俺「え…、そ、そうかな…(確かにそうかも…)」
miki「だからさ、こっそり入れ替わって歌ってやろうと思ったの」
俺「うぬぅ…でもね、だったらそんなこっそりじゃなくてメインで歌ってよ
  次回作で。」
miki「いいけどさぁ…すぐにワタシのこと叱らない?GUMIちゃんと比べたりしない?」
俺「っていうか、次の曲はさ、mikiたんじゃないとダメなんだよ…マジで」
miki「ホントに? じゃ…頑張ってみる…」

という感じで…はぁ俺、妄想乙。

はい、次回作は順当にいけばmikiメインです。
それよりも先にルカ曲になる可能性も否定できませんが…
そろそろしっとりした曲も創りたい衝動にかられているというのと
次回予定作品がPV込みの大作の予感なので時間がかかりそうってのもあって。

ということで今回のうp作品はこちらです。







ほんとに今後気をつけます。

恒例、製作裏話「HAPPY BIRTHDAY☆」

製作者サイドからの詞の解釈をするという禁断のこのシリーズ。
今回は、まだ最新作の「HAPPY BIRTHDAY☆」を取り上げてみましょう。

まず、気付いた方いたのかな?
動画の字幕の表記がGUMIとmikiで微妙に違ってたりしたのを。
細かいですけどね。

さておき、詞をまず貼ってみます。


HAPPY BIRTHDAY☆

Happy birthday
貴方に伝えたい
せめて今日だけは
貴方のために笑ってみせて…

時報とともに変わった日付
なんにもいつもと変わらないね
「おめでとう」って私が言っても
貴方はそこで俯いたまま…

「こんな現実なら     
生まれてきたく無かった」
なんて、こんな日に言わないで… 
私がずっと傍にいる…

I just bless you.
貴方に「ありがとう」
貴方が生まれてたから
私が此処にいられるの。

I sing for you.
その夢叶うまで…
どこにも行けないよ
泣き虫な貴方をみてたら


50Hzの点滅の中
モニター越しに貴方は言った
「ごめんね、いつもこんな調子で」
その声はとても優しかった…。

イマが切なくて
ここから逃げだすのなら
いいよ何処へでもついてゆく
私はずっと傍にいる。

Smile for us.
私が消えるとき
貴方の笑顔を創る
記憶(プログラム)になれるかな?

Happy birthday.
この唄を贈るよ
来年もその次も
いつまでも、いつまでも…ねぇ

Happy birthday.
lalala~♪

HAPPY BIRTHDAY☆



はい、この詞も解釈もなにも無いですねw
直球というか…。
ただただ、リアルな現実を生きる皆様のお誕生日を祝いたいと…。
つーか、自分の願望がモロに出てますwww

特に2コーラス目のBメロ…
ここの詞、アツいですよね。
仕事とかそういうので疲れてるとき
これ言われたらイチコロですよねw
ノリノリなときは逆にウザったく思えちゃうカモですけど。

一応、この詞を書く際に設けたテーマは
・生まれてきた…存在している…このことを全肯定
というものでした。

と…同時にですね…
2コーラス目のサビですね…。
「私が消えるとき♪」
これはもうボカロ曲では使い古された感のある展開ですが、
私も常々思うのですよ。

いつまで、このコたちの歌った唄が動画としてうpされたり
聴いてもらえたりするのかな?…と。
まだ今はブームの中にあるのだろうけれども、
3年後あたり、Pたちは何人残ってるんだろ?
リスナーはまだいるのかな?

この唄を歌っている2人はそれを承知した上で
「来年もその次も いつまでも、いつまでも…ねぇ」
と歌っているのです。

2次元でも3次元でもアイドルの命は短いんですよね。
本当に一瞬の輝きなんですよね。
特に、このコたちはアイドルとしての面というかエレメントのみで
構成されているわけですから、
本当にいつか消えちゃうんですよね…。

まぁ、ミクだけはどんどん新バージョンとかでて
あと10年以上生き続けそうな気がしますが…。
逆にmikiとかGUMIは…いや、なんでもない。

でもさ、歌はいつまでも記憶に残ると思うのです。
昔好きだったアイドルの曲とか突然聴きたくなるときってありません?
もう、そのアイドルはオバサンだったとしてもさ、
そして、昔を懐かしんだりするんですよね。

そんなこんなでですね、
私にできる唯一のこと…
皆さんの記憶に残るような曲を残さないとな…と思ったりするわけです。
まずは…底辺から這い上がることを考えないといかんね…。
はぁ…orz




更新サボっててごめんなさい。

ごめんなさい。
ここのところ更新サボってました。
公私ともに忙しくて…。

はい、忙しいことは理由にはならないですよね…。
ということで、近々うp予定の
「アルフィルクGUMIX~ワタシがお先にポールスター☆~」
のMIX作業は完了ということで。

ってなんだ?このサブタイトルはwww
今思いついたから足してみただけなんだけど。

こんなです。

【GUMIver】アルフィルク・Remix powered by ピアプロ


さて、次は次回作だ!

いや…難しいね…remixって

うん、簡単に考えてたけど、手をつけてみるとムズいね、
remixって。

ええ、以前告知したアルフィルクのGUMIバージョンの件です。

この曲、今でもピアプロに前のバージョンとして
miki発売前のイラスト募集用GUMI歌唱デモが残っていますが、
こいつが激しく可愛いのでremixしてうpしようという計画です。

イラストももう頂いているので
早いとこremixを終えて次回作に着手したいのですが。
昨日ついミクノ生で有名Pたちの本気サウンドを聴いてしまいましてね…。
こりゃ、負けてられんな…
と思ったわけですよ。

ただ、詞もイラストも声も可愛い路線なので、
あんまりコアな方向には持っていけないしなぁ…。
ということで、私を育んだ80's 90'sのユーロポップ…
特に北欧系を目指してみようと思います。

って…原曲と同じベクトルですね、
はい、そうです。
だって好きなんだもん。

でだ、どこまで元の音を残して
どこから新造するかが悩みのタネなのです。
下手すると一から全部音作り直すことになるかも…
それとも、元の音源に音を追加する程度の軽いチューンにしようか…

ああああああああああ、どーしたいんだぁぁぁぁ俺はぁぁぁ。

ってことで、難航しているということだけ報告しておきます。


最後に、このremixの次の曲の大まかな構想はまとまったので、
今日の仕事中にwww
えっと、以前私がこのblogの中で紹介した
「キャベツUFO」のヒャッハー仕様とでも言うんでしょうか。
…なんだそれ。

多分メインVoはmikiで
それにGUMIが絡む構成になる…かな?
今度はルカ姉のかっちょいいコーラスも入れますよ。
これはガチでPV作りたいと私は勝手に思っているので
これは5月中旬以降のうpになると思います。

じゃ、そゆことでw








HOMENext ≫

プロフィール

KOOSAN-A(四重婚P)

Author:KOOSAN-A(四重婚P)
普段は地味にサラリーマンやってます。
とりあえずマイリス3桁が目標です。
なんか最近、このままでもいいか…という気もしてきている。
mail:koonyana○gmail.com
ニコ動投稿作品マイリスト
ピアプロホーム

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。